sablier+Bleu

sablier365.exblog.jp

カテゴリ:台湾の旅2016( 10 )

台湾の旅 10. 台北101





台湾旅行記







続きです。







観光地として有名な台北101へ!!!



f0327416_11462511.jpg
台北101ビルは『101』という名前の由来の通り
地下5階+地上101階からできています。

約7年間かけてこの超高層建築物は2005年に完成しているそうです。
2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かされるまでは、
世界一高いビルとしてギネスブックに
ふしかも認定されてました。

ちなみに8層おきに節がありますよね!?節は全部で8つあって
「發財」というお金がどんどん入ってくる数字だそう。
縁起がいいに用いられる竹のように見えます。

一つ目の節の丸いものは昔の中国のお金、
その他の節には金庫の鍵が摸されているそうで、
場所も風水で考え抜かれていてなんとも縁起のいいスポットです。
オフィスビルであるので繁栄を願って入る会社もあるのでしょう。
登った私たち観光客もその縁起があやかれそうです♪


低層階はブティックなどのお店が連なった
ショッピングモールがあったのですが、軽く迷いました(^^;)

この展望台に上る人たちが分散しちゃってオフィスはあるし、
広いし、ビル内の案内が無い~。
ずずずーいーっとブティックの前を通り抜けて
エレベーターを乗り継いで対角線に抜けていかないと
展望台へのエレベーターに辿りつけませんでした。



f0327416_11464694.jpg


ではお待たせいたしました。
いざっ!


89階にある台北101展望台へ!

タワー情報は ↑ こんな感じ。



f0327416_11472353.jpg
日の傾きかけた時間から…

f0327416_11474891.jpg
日がすっか落ちた後はどんどん街の光が増していきました。




f0327416_11485792.jpg
さてさて
この丸いものなんだと思います!?

「マスダンパー」です。






f0327416_11492740.jpg
重さ660トン、直径5.5メートルの巨大ダンパーが
92階から87階に設置されていました。


揺れを防ぐ安全装置なのです。
日本のように地震も多い台湾ですし、何より
大型台風の時のような暴風に耐える為の対策装置です。

万が一カゴを吊っているロープが切れてカゴが落下してしまっても、
数秒でかごを停止するのだそう。


f0327416_11495309.jpg

マスコットのダンパーベイビー♪






f0327416_11481909.jpg


屋外展望台は91階。
階段を上り、外に出て寒い中、パチリ!
空気も澄んでいてとても綺麗でした。
でもカメラを持つ手がブルブル震えるほど寒かったです。



お付き合いいただいてありがとうございました。

ではまた☆





[PR]
by Sablier365 | 2016-12-15 12:30 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 9.永康街と泰順街





台湾旅行記 ↓

    
   
の続きです。



f0327416_10082279.jpg


台北メトロMRTの東門駅から
スイーツや雑貨店などでにぎわう永康街(ヨンカンジェ)へ。

台湾スイーツナンバーワンの「思慕昔スムージー」がここに。
かき氷にフルーツが乗った台湾かき氷で有名です。
賑わいすぎていて、お腹も空いていなかったので
入れませんでした。

TV撮影までしていました。
中国の女優さん(↑矢印の方)が来ていたようです。


f0327416_10083899.jpg

台湾の自由が丘というだけあって
街をブラブラするだけで楽しかったです。

(左上)台湾のお茶を嗜める素敵なお店。
茶器を買いたかったけど高すぎて断念。
(右上)もう一軒の台湾スイーツのお店「50嵐」

(下)ジンジャーコスメではボディや
ヘア、口のケア用品が沢山!
こちらでお土産を買いました。




歩いて歩いて移動~
国立臺灣師範大學がある学生街から猫のいる泰順街へ。



f0327416_10085982.jpg

f0327416_10091873.jpg

街中を猫が闊歩。
ショップにも猫が居たり、猫カフェがあったりの
猫と猫好きが集まる場所でも。
ひょんな事から猫を飼い始めた私達も
たっぷり刺激されました。

f0327416_10095097.jpg


f0327416_10101088.jpg

若者が沢山いるだけあって、
ファッションに雑貨にと
小さなお店がひしめき合って活気があります。
でも一歩引いてみると公園があったり
大きな幹線道路に面していて
くつろぎやすく歩きやすくなるほどの楽しい街でした。





[PR]
by Sablier365 | 2016-12-14 10:32 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 8. 光華商場と迷ったBubble Milk Tea





台湾旅行記。
また少し間が空いてしまいました。
すみません。
いい加減忘れてしまうわ(^^;)




続きです。
温かい豆乳お腹が満たされた後、



光華商場へ。
秋葉原のような電気街です。
オットの希望で(^^;)



f0327416_09500223.jpg
光華商場って大きな家電デパートのビルに入って
パソコンやらオーディオやら、エスカレータで
フロアを変えてぐるぐる見て回りました。

商品のデザインも雰囲気も…
数年前の日本のようで懐かしい感じです。
家電というと最先端を期待しちゃうからか
私にとってはいまいちだったかな。
そんなで…ムフフ。写真が一枚もありません。


f0327416_09501963.jpg


ビルの一階に戻って休憩~。
『COME BUY』というチェーン店のドリンク店



f0327416_09504702.jpg

台湾で有名なドリンクと言えば、
(ブラック)タピオカミルクティーなのですが、

なんと「Bubble Milk Tea」がタピオカミルクティーっぽいけど
バブルって!?知らない。。。

店員さんにバブルは「何か」を聞いたけど、
お若いお兄さんはバブルが何なのか解らないって(><)
タピオカも知らないと(><)
なんじゃい。


f0327416_10225193.jpg


なんせバリエーションはカラフルな粒々もあるみたいなので
ゼリーとかじゃ嫌だなーと心配したのですが…

勢いで買ってみました(笑)


55元×2人分=110元
1元14円で換算すると1540円と
他の物価と比べるとなかなかの金額でした。
これでもセールでこの金額!


追記:円換算を4円を14円と間違えました。
2人分440円で高くありません。
高いなーと思いながら飲んだのはもったいなかった~(笑)




f0327416_09510219.jpg

ミルクティは甘めで優しいお味。
肝心のバブルは…ブラックタピオカでした。
バブルが定着しすぎてタピオカって知らないのかなー。

ともあれ よかった~!



サイズは500m位大きくてビックリ!
歩いて回ってのどが渇いていたので最初はよかったのですが…。

(ワンサイズしかないのですが)半分くらいで十分でした。


お腹一杯に♪






さて次は…

忘れないうちに書きたいと思います。
よかったらお付き合いください。










[PR]
by Sablier365 | 2016-12-12 10:35 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 7. 阜杭豆漿(フーハンドウジャン)





気温が暖かいと寒いが繰り返されているせいか
風邪ひいている人多いらしいですね。
電車でも咳している人結構います。
インフルエンザも例年より1ヶ月ほど早くはやり始めているんですって!
潤いに気を付けて菌を遠ざけましょう。


今年は厳冬でしたよね。
コートやストールで真冬のシュミレーションしてみようと思います。




台湾旅行記 ↓ の続きです。



2日目のランチに向かったのは
友人に絶対行ってね!と朝食におすすめしてもらった
「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」


朝食には行けなかったけどきました!
MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ。
1階は華山市場の2階。

時は11時位。ビルに入って2階に行かず、
脇の階段から行列に並んで上がって~
との案内通り、、、
階段ずーっとずーっと手前から並んでるー(^_^;)

オットは極端に並ぶのが嫌いで不服顔。
「列がどれだけ長いか売り場まで行ってみよう」と言われて、
列の横を辿って非常階段を上がってみるとまぁまぁの長い距離(><;)

でも折角来たんだからと心をなんとか納めて並びました。
12時半にはお店閉まっちゃうけど、
「ハイ、ここまで!」って目前で締切られたら
悲しいなんてもんじゃないねー(笑)

あれやこれや話をするも
これが何って…少ーしづつしか進まないのよ。

並んで待つこと1時間。
やっと2階の売り場に来ました。

f0327416_08241801.jpg

左側が売場、右側は広いフードコート。
周囲にいくつかお店はあるものの、
テーブルにかなりココの食べ物乗ってます。


活気あふれるこの売り場。

「鹹豆漿(シェンドウジャン)」✖2つ!



f0327416_08251089.jpg



鹹豆漿(シェンドウジャン)は、干しエビやザーサイ、
ネギに黒酢が入った器に熱々の豆乳を注いで、

お酢の酸で凝固してふわふわのおぼろ豆腐がベース。

その上に油條(ヨウティアオ/揚げパン)を乗せた
優しいスープのようなもの。


これが食べたかったの~☆

そしておにぎり!(飯糰(ファントン))35元は売り切れ。
(友人が美味しいから食べてって言ってたのに(>_<))


f0327416_08252717.jpg


えーっと、急に困った~。
じゃぁ後、パン一つと豆乳ドリンク二つ!
慌てて注文しました。
お会計(186元=およそ2604円)している間に
すぐにトレーに並べられて
満席に見えるようなフードコートでなんとか相席で座れました。

↑写真
右は「鹹豆漿(シェンドウジャン)」30元×2
左手前がパンで「厚餅夾蛋(ホウピンジャータン)」38元×1
奥が豆乳ドリンク「甜豆漿(ティエンドウジャン)」25元×2



f0327416_08244346.jpg

「厚餅夾蛋」は列に並んでいた時の横の部屋で
ガラス窓から作る様子が見れました。
左手前のカレーのナンのように窯の内側に
生地を貼りつけて炭火で焼くパンに、
ネギ入りの卵焼きを挟んだものです。

サクサクもっちり+いい香りのさっぱり卵焼きが合います。
私は朝食を食べ過ぎてもやもやと胃にあったので
オットのを一口貰いましたが、
素朴でとっても美味でした!


f0327416_08255073.jpg



肝心の鹹豆漿(シェンドウジャン)は、
絶品~☆
これ私、毎日食べられる!って位に
好きなお味でした。

温かい濃い豆乳に深い調味料達がポイントになって、
小さな揚げパンが絶妙でした。
ちょっと冷えた体が温まる~☆
あーこうして思い出すだけで食べたくなります。
日本にお店ができても繁盛すると思うなぁ~♪

飲む豆乳(甜豆漿(ティエンドウジャン))は
意外や意外豆臭さがなく、変な話豆乳がダメな人も飲めるイメージ。
豆の香りとほんのり甘みがついています。
私はこの甘さが要らないなーなんて思っていたけれど
慣れて結構飲んじゃった(笑)
1本を二人でシェアして、もう一本はお持ち帰り。
(水分頼みすぎは)完全なる注文ミスでした。



並んだ価値あり☆
友人のお蔭で素朴で美味しいランチになりました。



■阜杭豆漿(フーハンドウジャン)
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
TEL:02-2392-2175
営業時間:5:30~12:30位(なくなり次第終了)
休業日:月曜日





[PR]
by Sablier365 | 2016-11-16 13:05 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 6. 剥皮寮歴史街区と市場



今日はスーパームーンで(特別大きいこのサイズは)68年ぶりで
大きな大きな月が見える日ですが、
どうやら雲行きが怪しく曇って見えないんじゃないかって予報です。

残~念~!

でも帰りに空を見上げてみようと思います。


さてさて、やっとPCが新しくなって電源を入れれば
スッと立ち上がるし(当たり前(^^;))サクサク気持ちいいです。
撮り溜まった写真も少しは載せたいなと思っています。


まずは…台湾旅行記の続きを。







f0327416_10210487.jpg
龍山寺を参った後の傍にある「剥皮寮歴史街区」から。

古いものはこの清朝時代に建てられたもので、
歴史的には200年以上も昔のもの。
剝皮寮という不思議な名前は当時この地域で輸入した
木材を切削して加工し販売する様子が見られたことからだそう。
その後1895年に日清戦争が終結し、日本の統治下に。
この周辺は日本人によって区画整備されたようです。

現在は映画の撮影場所となったり、スチール写真を撮っていたり、
また建物内は空間デザイナーの卵の展示がありました。

f0327416_10274234.jpg

新進気鋭の若者たちの新しい発信場所でしょうか。
赤いレンガで素敵レトロな雰囲気が
周囲とは画した特別な場所のようです。


f0327416_10223149.jpg


建物には縁起のいいお札がつけられています。

そして


そのまたすぐそばの西三水市場。
お年寄りの人たちの憩いの場となっている公園が近く
お食事をして帰るのでしょうか。
f0327416_10230985.jpg
アジア独特の雰囲気を醸し出しています。。。


f0327416_10240268.jpg

市場は野菜に肉に衣類に雑貨といろいろでした。
が、観光客には生ものはちょっとさばけないので見て歩く
のに徹していました♪

f0327416_10243928.jpg
練り物のお店は圧巻!
種類も沢山でざるに好きなものを乗せて、
おばさんに渡して会計するシステム。
お鍋やスープになるようです。

どこへ旅行しても食文化を見るのは楽しいです。
ワクワクします。




なんだかあっという間に長くなってしまったのでこの辺で。

またお付き合いいただけたら嬉しいです。












[PR]
by Sablier365 | 2016-11-14 10:44 | 台湾の旅2016 | Comments(6)

台湾の旅 5. 龍山寺




昨日は立冬でした。
暦の上では冬を迎えました。
例年より早く寒い冬になると天気予報で聞いていた通り
関東も暦上と一致する最低気温の寒さです。
明日、明後日もっと冷え込んで最低気温が半分になるとか!

まだ部屋もクションカバーを変えて加湿器を稼動させたくらいで
湯たんぽを出したり、ふくちゃん仕様に何が必要か
考えてみないと!



久々に…先週のしいとふくです。
f0327416_09171342.jpg
f0327416_09172823.jpg



外出の服装も薄いwoolしか出していなくて
完全に冬支度が終わっていないので
待って待ってぇ~と気持ちだけ焦ってます。





+++




台湾旅行記の続きです。





2日目朝から出かけたのは「龍山寺」
台湾の地下鉄MRT龍山寺駅出口1からすぐ。
1737年に建立された台湾で最も古いお寺だそうです。
台北最強のご利益パワーがあるとか!



f0327416_07473290.jpg
↑通りに面した門。

その中に入ると…



f0327416_07474446.jpg

↑更に門。


f0327416_07475637.jpg

左上:お供えの花にはいい香りのチューベローズ。
お供えは願い事によっても違うとかで受験合格には長ネギ+大根+包子。
中国語の発音が「賢い」と「(合格)保証する」の発音が似ていることから。
日本の勝つ=(豚)カツみたいな縁起担ぎは共通ですね。
これらを売っている女性たちがお寺の周囲にいます。

右上:さっきの門をくぐった先。

左下:拝拝(バイバイ)の仕方。
願い事をお祈りするお線香を頂く
(有料と聞いていたけれどこの日は無料配布でした)

真ん中下:学校の流し台のようなステンレスででき一列に配された火の素で
線香に火をつけたら…本殿の中心に向かって参拝。

線香を頭の上に掲げて三度礼をします。
そして心の中で住所・生年月日・名前を告げた後に願い事を唱えるのだそう。
どこの誰だか解らないと願いも叶わないからですって。
そう聞いて「私は日本からきました」って付け加えました。
だってせっかくのお願いがそんな住所知らないなーって
神様に思われたら困るものー(笑)

右下:参拝が終わってからのおみくじの様子。
長椅子に座って、手をたたき
おみくじを引いていいかの神様へのお伺い参拝をした後、
赤い三日月型の表裏が決まった木片を目の前にふたつ投げ
表表ならやりなおし、裏裏もやり直し、
表裏が出たらようやくおみくじを引いてもOKになります。

今度は缶に入った沢山の長い竹の棒の束を持ち上げて
ストンと落として一番高い場所にある棒の番号がおみくじの番号。
でもここからまた長椅子に座りまた三日月を投げ、
このおみくじでいいですか?と木片を投げて
いいよの合図の表裏の組み合わせが出ないと
番号のおみくじを引き換えに行けません。。。

どおりで…ごった返しています(笑)




f0327416_07480682.jpg



f0327416_07481559.jpg

願い事が終わったら前殿と本殿の間にある金色の香炉に
一本づつ線香を投げ入れるそう。
でも実際は投げ入れている人はいなくて
立てていたのでそうしました♪


f0327416_07482331.jpg

本殿のご本尊・聖観世音菩薩に向かって参拝しました。

境内は観光客というよりも地元の方たちでいっぱいです。
熱心に何時間もお経を唱えていたり、
お線香や床に頭をつけて何度もお辞儀をする様を見て
厚い信仰心に日本との違いみたいなものを感じました。


f0327416_07483128.jpg
 

何度も改修工事が行われ、1919年の大改修工事の際に
中国宮殿式廟宇建築を取り入たそうです。


見れば見るほどに細工が素晴らしかったです。


龍山時にお付き合いありがとうごました。




[PR]
by Sablier365 | 2016-11-08 10:23 | 台湾の旅2016 | Comments(6)

台湾の旅 4. 寧夏夜市





今日は雲が主役の一日で最高気温25℃最適御18℃の
過ごしやすい一日になりそうです。
でも朝晩は冷えて手足が冷たくなってきました。
明日はまた月曜以上に汗ばむ28℃とか!?
上がったり下がったりに振り回されて
体がゆっくり馴染んで慣れている暇がありません。
体調に気を付けましょうね。。。



+++



台湾旅行記


の続きです。

台湾に上陸した台風の去り際に到着したので近くでサクッと夕飯を。

台北にはあちこちで夜市があり、平日~週末まで
地元の人たちや観光客の胃袋を支えています。
共働きが多いらしく外食産業が盛んだそうです。


f0327416_11262613.jpg



ホテル近くの「寧夏夜市」


f0327416_11272170.jpg



台風一過のせいで、こんな具合に

片側一車線の道の中央に位置する屋台は

ほぼ出ていませんでした。
でも片側のビル1Fの飲食店は開いていました。

助かった~!


f0327416_11405635.jpg


↑写真左のように屋根つきなので雨でもへっちゃらで歩けました。
台北の街はこんなビル前に屋根がある道が多かった気がします。

右は屋台↑
屋台が少なかったし現地の人たちしか見当たらず
近づけませんでした。


選んだのはご飯もの麺類などのこちらのお店。
オットがガイドブックで見て食べたかった
排骨飯売りのお店でした。


f0327416_11273469.jpg


オットは炸排骨便當(パイグービィエンダン)
*骨付き豚肉のから揚げご飯のような感じ

私は炸鷄腿飯(ジートゥイビィエンダン)
*骨付き鶏のから揚げご飯のようなもの

台湾二大弁当メニュー。

それぞれ専門店があります。
注文をしてしばしビールを飲んで待ちました。

ビールと言っただけで500mlの缶に
紙コップ2個が出てきました。
他にお店で飲んでいる人が居ませんでした。
350ml缶は外食で流通していないようで見かけませんでした。




っで…
お料理到着~

f0327416_11275407.jpg



ん?
頼むメニュー間違っちゃった。。。

オットと思わず絶句。






かと思いきや数分したら後からやってきました(笑)

ホーッ。


f0327416_11282523.jpg


↑鶏(私)

f0327416_12505020.jpg


↑オット(豚)

待ち焦がれていたからか早速お皿からご飯の上に乗せています(笑)


f0327416_11281212.jpg

どちらも見て解る通りカリッカリに揚がっています。
胡椒も効いています。
後から知ったのですが「地瓜粉」という
サツマイモのでん粉と小麦粉を混ぜて揚げるそうです。

家でもやってみたーい!スーパーに寄った時に
お土産に買わなくちゃと思っていたのに忘れました。


味も申し分なく美味しい。
野菜炒めやお豆腐の煮ものや煮卵等どれも優しい味付け。
お腹いっぱい。
二人で
ご飯170台湾ドル
ビール500ml2本100台湾ドル
しめて270台湾ドルで945円位かしら。
(この時、1台湾ドル=3.5円位)
こんな具合でなかなかお安いです。


そして、一足先に現地のサラリーマン一人が
レジに向かったあとのテーブルをみてビックリ。
食べ終わった骨がテーブルに直に置いてありました。
えぇ~
空になったお皿もあるのに、テーブルに⁉

「きっとこれ台湾食堂のマナーなんだろうね。」
なんて話していました。
するとこれも↑後から正しいマナーと知りました。


f0327416_11412916.jpg


行きにデザートのかき氷も食後に…
なんて思っていたけれど無理でした。




寧夏夜市にお付き合いありがとうございました。






[PR]
by Sablier365 | 2016-10-19 12:56 | 台湾の旅2016 | Comments(4)

台湾の旅 3. 台北城市商旅 南西館ホテル




青息吐息のPCで、なかなか更新が出来なくて間が空いてしまいました。

その間秋もぐっと深まっていますね。
肌寒く外では羽織るものが、
寝る時にはタオルケットでは風邪ひいてしまいそうで
薄い羽毛布団を出しました。

今朝は最低気温13.2℃の更新で一桁まであとちょっと!?
と思うと想像するだけで身震いしてしまいますね。
と同時にぬくぬくが楽しめる季節です☆



+++


台湾旅行記
の続きです。
(あらら、こんなリンクに変わったのですね。。。)




f0327416_09353290.jpg



ホテルは『台北 城市商旅 南西館(シティスイーツ)』

場所は台湾台北大同区南京西路で、最寄は中山駅です。
駅から少し歩くのですがバスを利用できるし、
中山駅が便利なのでここに決めたのでした。


f0327416_09355578.jpg


街中に建つあまり大きくないホテルですが、
小奇麗でデザイナーズホテルのよう。

f0327416_09361064.jpg


1Fはちょっとしたライブラリーで、
ソファコーナーがデザイン違いでいくつもあり
惹きたてのコーヒーが自由に飲めるスペースがあります。

旅行中いつかいつかと言いながら
最後まで落ち着いて座ることがなかったんですけどね。



f0327416_09362394.jpg



部屋はコーナーダブルで、華美な印象ではないのですが
ソファやデスク&チェア、
大きな窓にWICもついて広々で快適でした。


f0327416_09363524.jpg


日本語ができるスタッフもいて、
滞在中何も不自由することは無く
トリップアドバイザー(世界のホテルや航空券などの予約サイト)
の口コミ通りでした。

台湾出張にくるときの常宿とするビジネスマンもいるそうです。


f0327416_09364515.jpg


バスルームにはちょっと驚きました。
目立つ市松模様の大理石。。。
でもバスタブもあってお湯も湯量も申し分なく
これまた広々でした。



台風の終わりごろの雨に打たれてのチェックイン、
滞在中もショボショボ雨に降られたのです。
2人分の傘やパーカー、靴やスーツケースやかばんなど
広げて干せても部屋を歩くのに十分余裕があって助かりました。

朝食がついていたのでその様子はまた改めて。


ゆっくりな更新にお付き合いありがとうございます。。。







[PR]
by Sablier365 | 2016-10-14 10:21 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 2.フライト




9月の連休で行った台湾の旅の旅行記



の続きです。



f0327416_09050041.jpg


飛行機は台湾のEVA(エバー)航空。
運よく行きたい時刻の便にお安くビジネスクラスがとれました。
たった3時間半なんですけどね。

そんなで、ANAのマイレージクラブに入っていないのに
スターアライアンスのラウンジに入れてラッキーでした。



f0327416_09052209.jpg



家→ペットホテル→成田空港とその間お昼も食べずに
すっかり腹が空いててがっついちゃいました。
それでもカレーや麺類もあったけれどぐっと我慢したんです(笑)

土曜日でしたが、人も少なく海外のビジネスマンが
ちらほらPC広げているくらいで空いていました。

のんびり過ごして いざ搭乗♪

f0327416_09053303.jpg

フラットになったかな!?
まっ平らにはしなかったので確認しませんでしたが
離陸後は、電動でシートがギュィーンと手前にずれ、
足は延ばして寝そべっていました。
(空間の先端まで足は全然届かないけどね。)

f0327416_09054600.jpg


映画は…あまり観たいのがなくて、
以前TVの番宣でみた猫ちゃんが出ている
佐藤健さん主演の「世界から猫が消えたなら」★ を。

こんなストーリーとは知らず、、、
父を去年亡くした自分と重なって
ひっそりと号泣していました(笑)


f0327416_09060796.jpg


そんな状態の私をよそに、、、


テーブルクロスをひいて頂いてシャンパン。
なんだか特別♪なんだけど。

だから画面の佐藤健さんと。

複雑(笑)



f0327416_09061900.jpg



そして空いていないお腹に、お食事です。。。


和、洋、中から選んだのは、中華。
例のうん十年前に先輩から教えてもらった
鼎泰豊のメニューだったので。


*前菜*
牛スネ煮込み
キンモクセイ香味のさつまいも
蒸し鶏

*スープ*
牛肉の塩味スープ

*メイン*
海老のラー油炒めワンタン麺



f0327416_09063032.jpg



*デザート/飲み物*
紅イモ入りパイ饅頭!?
緑茶


美味しかった~。

デザートは残しちゃたけどかなり平らげました。

こうして映画をみたり、食事をしたりと
疲れることなくリラックスして座れたらフライトも楽なんだなーと
いつもと違うシートに感心しちゃいました。

でも、またいつ乗れることやら…(^^;)
そして長旅にこそ乗りたいけれど高いんだなー。




荒れた中の着陸のはずも揺れることなくすんなり。
よかった♪

f0327416_09063817.jpg


桃園空港に到着。
雨風が激しかったり緩んだりの台風上陸の真っ只中かと思えば、
少しスピードが上がっていたようで抜ける頃でした。

やったー!
楽しい旅になるぞー!



旅行記にお付き合いありがとうございました。







[PR]
by Sablier365 | 2016-09-28 10:21 | 台湾の旅2016 | Comments(4)

台湾の旅 1.飛ぶか 飛ばないか…



また少し更新に間が空いてしまいました。
というのもブログを書こうとPCの電源を入れても…つかない(^^;)
そんな風にPCのご機嫌は損ねっぱなし。
さっきふいに電源を入れたら奇跡的に!?つきました。

いまだ!とチャンスを逃さず書いております。。。




*****




9月の敬老の日を含む連休で台湾に行ってきました。


f0327416_13054805.jpg


私が20代のうん十年前に「台湾はいいよ~」と
何度も旅行に出かけていた先輩が、いつか行ってみて~と
紹介してくれた小籠包で有名なお店 鼎泰豊(ディンタイフォン) を
手帳にメモしたのを思い出します。

f0327416_13064496.jpg


その後お店は私が行く前に汐留に日本初上陸し、
真っ先に小籠包を食べに行ったものです(笑)

それからとんとまた台湾とは縁がないままでしたが、
オットとは其々が行ったことのない旅がしたくて、
且つこのご時世なので治安の心配の少ないところ…
として決めたのが「台湾」でした。


f0327416_13061256.jpg


ただ今回の旅行台北へは…もはやこれまでか…と
断念するギリギリまで悩まされたのは、
台風16号でした。



f0327416_13062414.jpg


14号も台湾直撃!で被害が出たばかりでしたが、
続いて16号も台湾&九州直撃!の日が丁度成田から出発の日で
会社では「連休明けに旅行行けなかったら出勤するかも!?」
なんてありえる冗談を言っていました(><;)


f0327416_13063369.jpg




全日空は羽田発も成田発も台湾行きを朝から全便欠航するなど、
空港で刻々と情報が入る度に笑えない状態になり
心細く搭乗を待っていました。


休暇を取り、
しいちゃん、ふくちゃんに別れを告げてペットホテル(病院)に預け、
車も成田に預けてきたけれど、キャンセルになるかも…???(泣)
日ごろの行いがこういうところに出るんだわー。




f0327416_14465308.jpg



…が、写真の通り台北へ飛び行くことができました。
(ホッ~)


次回から忘れないうちに旅行記にしたいと思います。
あ、PCが機嫌を直してくれたらの話ですが。。。
もしよろしければ、お付き合いくださいませ。










[PR]
by Sablier365 | 2016-09-25 13:34 | 台湾の旅2016 | Comments(6)