sablier+Bleu

sablier365.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カルディや梅ジュース




この暑さでブルーベリーの実が色づいてきました。

f0327416_8514974.jpg

既に20粒くらい食べてしまいましたが、今週は7粒(^^;)先細りです(笑)


f0327416_8514169.jpg

ヒヨドリに食べられてしまうことがありましたが、ヒヨドリもブルーベリー色にならな
いとおいしくないと解っていて、被害も食べ頃の数粒で済みました。





f0327416_8561381.jpg

でも一度目を付けられてしまうと、マンションと言えど覚えているのか毎朝やって
くるようになります。
しいちゃんと私で何度かガラス窓に近寄ったら逃げて行き、最近は来なくなりまし
た(笑)
ごめんね。育てているので大事なのよ~

それにしても、寂しいヨーグルト(^^;)



+++


先日会社帰りにカルディーに立ち寄りました。
f0327416_852161.jpg

最近カルディーにはパクチー商品多くなりました(´艸`*)
っで、パクチー焼きそばを買ってみました。


f0327416_8522023.jpg

パッケージのように生パクチーは買ってなかったので野菜室にあった三つ葉で飾り。
似て非なり(笑)

予想通りのドライパクチーたっぷりのお味でした。


f0327416_8523097.jpg

こちらはムーミンビスケット。

ムーミン仲間がいっぱいです。


+++




f0327416_8524571.jpg

あれからやっと2ヶ月。
6月の初めに漬けた梅ジュース解禁です。

↑ 左は逆さまにして混ぜたのに対して右はたまに逆さまにしたものの保存したま
まの状態。



f0327416_8554345.jpg

カンロ杓子で2杯。



f0327416_855531.jpg

小さなコップに氷と少々の水で割りました。


美味しい~。

炭酸もいいな~。




汗で水分が抜けやすいこの季節、お水やお茶より少しの塩分や糖分、ミネラル
が入っていると熱中症対策にもなりますね。



+++++



今月のコラムをnunocotoサイトに載せて頂きました。
手作りソーイングキット・布の通販サイトnunocoto-ヌノコト-★

ベビーグッズの手作りのお手本になりそうです。赤ちゃんだけでなく布や読み物も
楽しくていつも色々な視点の生地にほっこりさせていただいています。


月に1記事。早くもVOL.5になりました。

たまにはね、のフレンチトースト朝ごはん
f0327416_922418.jpg



熱中症にならないようしっかり朝ごはんを食べて一日を頑張りましょう♪


もしよろしければ、お立ち寄りください(uu*)
[PR]
by Sablier365 | 2015-07-30 09:23 | まいにちの出来事

リビングにロッキングチェア



少し前のこと。リビングの椅子を1客探しにIKEAへ行きました。
と言ってもおおよそ目的の椅子は決まっていまして…。



f0327416_1053931.jpg

こちらPOÄNG/ポエング シリーズ。(IKEA HPより)

好みのフレームとクッションを選べます(お値段も色々)
私は買いませんでしたがオットマンも(専用クッションも)あります。

まずフレームも2種、それぞれカラーが3種。
どちらも体の曲線に沿って曲げられた柔軟性のあるフレームですが、左はいわゆ
る椅子で右がロッキングチェア。

座って試してみたけれど腰や首をしっかりとサポートしてくれて楽でした。
悩んだぁ~!




f0327416_1054753.jpg

次にクッション。
これは何種あったんだろう。かなりの数のクッションがあってこれまた悩んだ~!
そんな中から地厚でクッションしっかりめのタイプを選びました。

丁度写真の中央に写っているフィーンスタグレーというカラーです。



f0327416_1055846.jpg

バラバラにして箱に入っている割にはなかなか大物となってしまいました。


翌日に組み立てて、リビングに椅子を設置してみました。


f0327416_1052925.jpg

フレームはロッキングチェアが好みだったんですが、オットは椅子タイプがいいと。
グラグラしているのが落ち着かないそうです。

でも結局椅子タイプも重みでゆっさゆっさとゆれることから、ゆずってくれました。
だからロッキングチェアに。

カラーもブラウンかバーチ(白木)かブラックブラウンかとっても悩んだけれど、
ブラウンが木目が黒くハッキリしているので日本の民芸家具なんかにあいそうな
感じで、我が家の洋間のブラウンとは合わないんです(泣)
遠目だったら合うように見えそうだけど、辛い選択。


バーチもカッコイイけど、我が家じゃ浮いちゃうかな。
ブラックブラウンは色味が強いかな。。。
ぴったり来るものがなくて残念だけど、真剣に悩んでブラックブラウンにしました。


f0327416_1052054.jpg

なんだかイメージは‘お父さんの椅子'みたいになってしまいましたが、これに座る
とリラックスできます。

実際座ると、重心が後ろにかかってリクライニングチェアに座っているかのように
人は上を向き、足は床からかなり上がります。




f0327416_10682.jpg

だから奥行きもけっこう場所をとります。

あら、何か乗っていますね(^^;)

実はこの椅子。以前ご紹介したマッサージ器を置きたくて購入したのでした。
その時の記事はこちらお気に入りみっつ☆
(マッサ-ジ器についても↑の記事で)
f0327416_1061944.jpg

家にあった無印のソフトケ-スに使わないときのマッサ-ジ器とベッドを入れて
ロッキングチェアの傍らに。
こんな具合ですが、オシャレとは程遠いのですが、快適空間ができ
あがりました。



f0327416_1062967.jpg

思いの外、椅子が黒っぽいフレームになりました。
以前真っ白な壁にブルーとグレーを基調にしていたリビングも黒が少しづつ増えて
きています。

これはこれで、締まるっていうんでしょうか。なかなか落ち着きます。
お付き合いくださりありがとうございました。







[PR]
by Sablier365 | 2015-07-29 10:37 | インテリア

隅田川花火大会




肌が焼けるというよりコゲそうなくらいジリジリしますね。
熱中症にも気をつけましょうね。



土曜日、恒例の隅田川花火大会に友人と行ってきました。
両国駅から歩いていつもの場所(路上)を陣取るのですが、今年は緊急車両の
通る規制の区間になったようで、警官が30人ほど始まる1時間前にはうろうろと
DJポリスもいました(笑)

なので、始まるまで座れるか座れなくなったかが微妙で、近くのバーに避難。
ビールをひっかけ、19:30始まる直前に店をでていつもの場所へ行くと…
なんとセーフ。

みれるようなのでいつもの高速道路とビルの隙間のV字にひらけた空から見る
ことにしました♪

f0327416_102367.jpg

この辺りは住宅街なので、架線が何十本もかかっている中でみたり、ビルで花
火がかけてしまうのは当たり前なのですが、ここはこれでもマシなんです(笑)
十年以上も同じ友人と通って決めてます♪

ドドーン!




f0327416_102519.jpg


f0327416_103674.jpg

お腹に響く花火の音は、「またこの花火がみれた~」と安心させてくれる音でも
あります。


f0327416_10203158.jpg

終わってからの塩ちゃんこも最高でした。

両国国技館のあるこの付近にはちゃんこ屋さんが沢山あります。
ちゃんこって鍋だから冬のイメージだと思いますが、クーラーが効いた中で食べる
花火の後のちゃんこも乙なものです♪
[PR]
by Sablier365 | 2015-07-27 10:31 | おでかけ

最近のよるごはん






f0327416_9275962.jpg

いわしの梅肉入り天ぷら


こちら鯵でもいわしでも美味しいメニューでよく作ります。
以前の記事は…と探してみたら記事にしていないことが多かったようで、遡ること
4年(笑)
2011.6 いわしの梅肉天ぷら

f0327416_9275141.jpg

三枚にひらいたいわしにずらした紫蘇を2枚乗せ、梅肉をたっぷり乗せてはみ出
さないように巻く。
天ぷらの衣をつけて揚げる。

これがさっぱりしてて美味しいんだ~♪

f0327416_9281057.jpg

もう一品は砂肝の炒め物。
ごま油でニンニク生姜を炒め、塩・こしょうした砂肝にしっかり火を通す。
九条葱を散らして出来上がり。

簡単ですが美味しい☆
酒の肴で作るメニューです。





f0327416_9162122.jpg

この日は

・お赤飯
・鮭のカマ(二人で一切れ)
・鶏と九条ネギの炒めあんかけ
・厚揚げと小松菜のさっと煮
・ほうれん草のお浸し


f0327416_9163166.jpg

時間が無くても早くできるものばかり(´艸`*)








f0327416_9154435.jpg

この日はメンチカツ。

たまにお肉を挟まないと文句が出ちゃうからね。
以前ヘルシーが続いていたら、オットがお昼にトンカツだの牛丼だのからあげだの
ばかり食べていることが発覚したんです。
返ってよくないんじゃないかと(笑)

だからお肉ガッツリメニューも挟んでメニューを組んでいます。




f0327416_9155389.jpg

我が家の揚げ物は鉄のフライパンで揚げるのですが、これがカラッと仕上がるコ
ツのひとつ。
そんなこと聞いたことがなかったので、それまでは深めの鍋で揚げたり、天ぷら鍋に浅く油を入れて揚げ物をしていましたが、偶然鉄のフライパンで揚げてカラっと揚がったのをきっかけに気が付いてしまったのです!
火力は普通にガスコンロについている天ぷらモード(160℃、180℃…と設定があ
って温度に合わせて火力を自動調整してくれる)で揚げています。

そういえば実家では鉄のフライパンで揚げてたな…。

噛むときサクゥッっと音がすると美味しいです♪



f0327416_916441.jpg

相変わらず、キャベツは山盛り~。





今日は土用丑の日で鰻を食べたいところですが、私は友人と。オットは出張で遅
い帰りの為現地で食べてくるというので今週前倒しで食べました(笑)


f0327416_9161256.jpg

・鰻丼
・かぼちゃの煮物+大根のサラダ
・具沢山味噌汁
・糠漬


f0327416_9173379.jpg

こんな暑い季節にも部屋を涼しくしてお味噌汁を飲みたいって思うようになりました。
以前は冷たいもの、冷たいもの~に走りがちでしたが、お腹の中は冷やしすぎない
ようにしたいです。


お子様たちの夏休み始まって、イベントも目白押し。
楽しい時間が過ごせて思い出がいっぱい出来ますように。
では、また来週~♪

[PR]
by Sablier365 | 2015-07-24 10:16 | いえごはん

北欧の旅 8.森の墓地とミートボール

一か月前にスウェーデンはストックホルムとフィンランドはヘルシンキの2都市、
合わせて6泊8日で旅行に行きました。
日常と合わせて途切れ途切れですが旅行記を綴っています。


**********




ストックホルム3日目。
ヒュートリエットの蚤の市→グスタフスベリの後バスでスルッセン駅まで戻り地
下鉄に乗り換えて南へ5kmの郊外のskogskyrkogarden駅から歩いて5分のとこ
ろにある世界遺産であり、墓地であるスクーグスシュルコゴーデン「森の墓地」へ。



f0327416_1255377.jpg

14℃くらいのひんやりした空気にカーっと暑い日差しが照りつけます。
この時16時位だったと思います。

スウェーデンを代表するモダン建築の巨匠グンナール・アスプルンドとシグルド・
レヴェンツにとって設計された国内最大規模の墓地です。

お墓を観に行くっていいんだろうか。。。
そう迷いがありながらも25年かけられて作られ1940年に完成された100ヘク
タール(100m×100m=1ヘクタール×100)もある墓地と自然の調和というその世界観
をやっぱり見てみたい。
そぉーっとお邪魔しようという事に。



f0327416_1252633.jpg

大きな門を入ると、開けた芝生の遠くに十字が見えました。

美しい。

それが第一声でした。
今見ても斬新なデザインで、かつ奇を衒っているわけでもなく、落ち着きと安らぎ
を感じるモダンなデザイン。

墓地を設計とはこういうことか。。。



f0327416_12425812.jpg

この十字はものすごく大きなもので、人が傍に立つと5mm位に見えるでしょうか。

そしてこの十字はキリスト教のクロスと思いきや、十字架としての信仰のシンボル
ではなく、「生死一生」という生命循環のシンボルとして、どの宗教でも葬儀が行
える墓地なんだそうです。


f0327416_1329182.jpg

丘陵地帯の地形をそのまま生かした森に溶け込むように建物も建てられ、「人は
死ぬと森に還る」という豊かな森に恵まれた北欧人の死生観を見事に具現化した
ような墓地。

日本の昔は土葬をしていたこともあって死ぬと土に還ると考えられていた頃と少し
共通したところもありますかね。


f0327416_1262041.jpg

壮大な松林。

ランニングする人、ヘルメットをかぶってサイクリングする人、芝生にシートを広げ
てピクニックに来ている人がいて、日本の墓地とは大きく違い驚きでした。
ピクニックの女性にはカメラのシャッターを押して!っと頼まれたのですが、悲しそうどころか終始笑顔で楽しそうでしたよ。
パンフレットにはツアーガイドさんも居て日曜日には案内があるようでした。
墓地はもっと身近なものなのかもしれません。


f0327416_1262876.jpg






f0327416_126396.jpg

かといってこの日も敷地内のいくつかある教会のスケージュールを眼にしましたし、
遺族が墓参りをしている姿もあちこちでみかけました。
やむなく亡くした故人をここへ偲びにくる遺族へも癒しとなるに違いないでしょう。


墓地と言っても小さくて、しゃがむと丁度見下ろせるサイズです。墓石に囲いの枠
があるわけでもなくひっそりと森に佇んでいるそんな感じです。
より小さな墓石には、誕生年数~亡くなった年数が刻まれていた、若くして亡くな
ってしまった子供たちの墓地もみました。
未来ある子供が死を迎えるのはどんな理由であれ辛いことです。


歩きながら何を考えた訳でもないのですが、頬を次々と流れる涙は拭うのも気にせ
ずポタポタとそのままに。
不思議な感情でした。
国も人種も関係なく、人が亡くなる悲しみだけでもなく、心の奥底から何かを揺り
動かされ、問いかけられてそしてどう応えていいか分からない自分がいたように
思います。


f0327416_126475.jpg

こちらは瞑想の丘。
風の通る木の木陰の花壇に寄り添うように寝そべって本を読んでいる女性がいま
した。

追憶の森(ミンネスルンド)という共同墓地に埋葬を希望すると丘に散骨され、遺族
はどこに遺灰が撒かれたかを知ることができないので、丘にある
花壇で故人を想
い祈るそうです。
物的な繋がりがないことも森に還る意味の一つなのでしょうね。
スウェーデンでは支持が高いのだそうです。

日本の樹木葬もこれを倣ったのかもしれません。


設計を担当したアスプルンドはこの森の墓地が出来た3ヶ月後に亡くなりこの墓
地に眠っているそうです。



死を考える時、期限が分からないそれまでの間をいかに生きていく かという事
に繋がっているような気がします。

思いがけずオットと各々の死生観を話しながらこの美しい広い敷地を歩き考え、
ここに来れて本当によかったと思います。

そして偉大な巨匠に感謝と、森の墓地に眠る人々へ追悼の意を捧げます。







北欧の夏は白夜です。
夕方が日没23時過ぎまでずーっと続く感じでしょうか。
沢山歩いた後は、2日目に行ったガムラスタンの街に繰り出し夕飯を頂きます。


f0327416_12431530.jpg

この看板♪
会いたかったよ~。
Slingerbulten(スリンガーブーテン)
地元のプチレストランと言ったところでしょうか。



f0327416_12432430.jpg


予約をしていませんでしたがなんとか入店できました。
その後、来る客来る客が皆断られてしまっている様子を見て、本当にラッキーだった
ことを知りました。
予約しないと危なかったです。


f0327416_12483654.jpg

メニューに無いんですけど有名なミートボールと、スモークサーモンをメインに。

どちらもストックホルムでは有名なメニューですが、ここが美味しい!ってトリップ
アドバイザーに書いてあったので来てみましたが、よかった♪
笑顔でお店を切り盛りしている背の高い若いお兄さんは、ちょっとコロンビアのサッ
カー選手ハメスロドリゲスみたいな甘いマスクでした(笑)



とっても美味しくてのんびりとディナーを過ごせました。




時計を見るまでまだ景色は16時位(笑)
でも本当はもう20時!?なんて時の勘違いを起こすのも白夜の仕業です。

ちなみに毎日歩き回ってアルコールを頂いていることもあって0時まで起きていられ
なくて、ストックホルムの暗い夜を見ることはありませんでした Zzzz…

[PR]
by Sablier365 | 2015-07-22 14:50 | 北欧の旅2015

北欧の旅 7.グスタフスベリ



一か月前にスウェーデンはストックホルムとフィンランドはヘルシンキの2都市、
合わせて6泊8日で旅行に行きました。
日常と合わせて途切れ途切れですが旅行記を綴っています。


**********

ストックホルム3日目。
ヒュートリエットの蚤の市の後、スルッセン駅からバスにてグスタフスベリへ。





f0327416_10215865.jpg



f0327416_10214822.jpg

1825年創業~1990年まで国を代表する陶磁器メーカー。
スティグ・リンドベリやリサ・ラーソン等有名な作家さんもここで活躍されていた方々。
こんな素敵な環境にグスタフスベリは建っています。




f0327416_10221228.jpg

f0327416_10222285.jpg

今では大々的だった工場は時代の波を受け閉鎖されていて見ることはできませんで
したが、博物館やアウトレットの販売をしていました。


f0327416_10223342.jpg

ベルサも売っています!
よく見ると柄がずれていたりのはじかれた製品がアウトレットです。
よく探したらきっと出会いはありそうですが魅力的かというと…。
お値段もさほど…な印象でしたが、どうでしょうか。
でも人によってですね。
カップとソ-サ-が別売りなので、割ってしまった人には願ってもないチャンスかも♪

f0327416_10241080.jpg





f0327416_10352852.jpg
アスタ-やアダム。スピサ・リブも。
珍しい取手付ディッシュトレ-もありました。



f0327416_10224569.jpg

イッタラも同敷地でアウトレットがあり、賑わっていました。


f0327416_10255125.jpg

夏至祭のシンボルは、売られているお花にも飾られていて可愛らしかったです☆





駆け足で3日。この日まだめぐります♪
今日もお付き合いいただきありがとうございました。



+++


とうとう関東は日曜日に梅雨明けしました。
でも晴れていてもカラっと空気ではなくジメジメの梅雨の延長のような感じです。
高気圧がまだしっかり張り出していないのでしょうね。
証拠に、西日本はまだ梅雨明けしていないんですから。
蝉の鳴き声は昨日の朝聞きましたよ。
この時を待っていたのでしょうね。
夏気分の盛り上げにもどうか一役かって下さいな☆







[PR]
by Sablier365 | 2015-07-21 10:38 | 北欧の旅2015

北欧の旅 6.ヒュートリエットの蚤の市



一か月前にスウェーデンはストックホルムとフィンランドはヘルシンキの2都市、
合わせて6泊8日で旅行に行きました。



**********


また少し旅行記に戻ります♪


ストックホルム3日目はあちこち行きたいところが詰まった一日だったので、朝か
ら気合を入れて!


f0327416_9385226.jpg

ヴィラ カ-ルハ-ゲン(ホテル)からバスでT-Central駅まで行き、歩いてヒュート
リエット広場へ。
(因みに歩かなくても地下鉄グロナ線のヒュートリエット駅の目の前です。)
そう!楽しみにしていた蚤の市です。


この日は日曜日で10時過ぎこの賑わいでした。

ちなみにこの広場の正面にたつブルーの建物はストックホルムコンサートホール
といって毎年12月10日にノーベル賞の授賞式が行われるところ。



f0327416_939556.jpg

10時から開催されるこの蚤の市。なのでまだ並べている最中だったり。いやま
だ来ていないお店もあります。

食器や生活雑貨、絵や布、衣類や…倉庫にあった埃をかぶったガラクタ!?(笑)
と思われるようなものまであってそれはそれは見ているだけで楽しかったです。


f0327416_9391460.jpg

オットとはまたね!と別れて広場内を別行動。
スイッチ入りました!


f0327416_9392543.jpg

f0327416_9393693.jpg

f0327416_9394795.jpg

f0327416_940145.jpg

幸せをもたらすと言い伝えがあるダーラナホース。

色んな家庭で可愛がられたホースたちは眺めているだけでもほっこりした気分に
なります。


f0327416_9423498.jpg

前日しっかり降った雨が、朝からの気温上昇でムシムシしてきました。
でも晴れ間も出てきて私にとっての希望の光♪なんせ前日の雨は悲しかったもの。



f0327416_940209.jpg

この蚤の市で買ってきたのはこちらです。


f0327416_9402681.jpg




カオマンガイの記事にも書いたアンティークのアラビアルスカの大皿と、イッタラ
のミニグラスPaula。
下世話なお値段のお話だけど、小声で言うわね(笑)
ルスカは35skr×2枚=70skr、3枚で100skrにするよ!って言われたけどなんといっ
ても重いので予定通りの2枚だけ買いました。
*1skr=15円換算

70skrは日本円で、1050円ほど。2枚でね (´艸`*)

イッタラのグラスは金属の取手が取り外せてかなり小さいサイズ。
20skr×4個=80skrは1200円ほど。
だからグラスは一つ300円ってところでしょうか。

[ Paula ]
  • φ6.5cm×H7cm
  • Jorma Vennola

    売っている店主は不思議と現地北欧の人ではないことも多くて、南米系かアフリ
    カ系の移民っぽい方々もいっぱい。


    旅行が始まってお買い物スタートの蚤の市だっただけに、今再度行けたらもっと
    じっくり見てお買い物楽しめたんじゃないか!って思います。
    きっとここには1時間も居なかったんじゃないかな。
    広くて次々と店舗が作られていく中で、次に行かなくっちゃーと会場を後にした
    ので今となってはちょっと後悔。
    でもまた行けるね!いけるかな!?(笑)
    ワクワクなヒュ-トリエットの蚤の市でした。


    +++++


    台風11号、昨夜高知に上陸、その後も中国地方へ相変わらず猛威は衰え知ら
    ずのまま、のろのろスピードで北へ進行中。
    故雨量が増えあちこちに水害が起こっているようです。心配ですね。
    台風の影響がある地域の方々は気をつけてくださいね。

  • [PR]
    by Sablier365 | 2015-07-17 10:36 | 北欧の旅2015

    部屋に魚の群れ





    いやぁ、、、連日の暑さでもうぐったりぎみです。
    まだ梅雨明けしてないですよね。。。
    例年よりペースが早い気がします。

    7月に入ってからというもの予行演習の暑さどころか、今日の東京の予報は34℃
    の予報で熱中症厳重警戒の夏本番の暑さです。
    福島、前橋、熊谷では39℃の観測もされているし、昼間の畑での農作業や夜の部
    屋の温度が30℃を超えていて熱中症で搬送されるお年寄りの方が後を絶たない
    ってきいて、毎日親にメールしています。
    身体の温度センサーが鈍っているせいか、「今日は風があって涼しいわよ」なん
    て返事がかえってくるので余計に心配です。



    部屋の中を優雅に泳ぐ魚。


    f0327416_1035877.jpg

    モビールです。
    この受け口が癒し。


    f0327416_103489.jpg

    19時に自動でつくフロアライトの灯りと黒い魚たちのバランスがなんとも綺麗。

    ふわーっとゆっくり泳いで餌を追っているように形を変えます。



    f0327416_1033878.jpg






    昼間にリビング側からみるとこんな感じで泳いでいます。


    f0327416_1032568.jpg

    目玉あるんです(笑)



    f0327416_1031097.jpg

    そして中央には赤いエサをつけた本物の釣り針も!




    f0327416_103048.jpg

    愛嬌あるお顔ですね。

    子供の頃、ヨットのモビールを買ってもらって部屋に飾ってあったのでその頃が
    とても懐かしいです。
    そして今チョッピリオトナなフレンステッドモビール(shoal of fish)に恋してます。



    f0327416_102365.jpg

    モビールは頭に当たらない程度に下げて、目線に入る様に天井から吊っています。








    [PR]
    by Sablier365 | 2015-07-15 10:31 | インテリア

    北欧の旅 5.Villa Kallhagen




    6月後半にスウェーデンはストックホルムとフィンランドはヘルシンキの2都市
    合わせて6泊8日で旅行に行きました。



    **********


    また少し旅行記に戻ります♪
    ストックホルムでの初日以外の2泊はこちらのホテルにお世話になりました。


    f0327416_9391625.jpg

    Villa Kallhagen(ヴィラ カールハーゲン)


    ストックホルムの中心をはしるHamngatan通りを東へ東へと少し外れた場所に
    理想のヴィラを発見!
    お食事もストックホルムのホテルイチ美味しいとの旅行者のコメントもあったの
    で決めました。

    中心から離れていると言ってもストックホルムはギュッと詰まった町なのでトラ
    ム69番でストックホルム中央駅から10分位乗ったかしら!?とっても近くて便利
    なのに運河と大自然が広がる優雅な景色の望めるホテルでした。


    f0327416_939325.jpg

    到着した時には遠くに気球が見え、ガンのような水鳥が群れで家に帰る時間で
    もう気持ちは鷲づかみされました。


    f0327416_9483333.jpg

    部屋の外にはこんなに可愛らしいベランダが♪


    f0327416_9395347.jpg

    ホテルのベッドはふっかふかで、腰痛持ちの私には不安でしたが、散々歩き回っ
    てただでさえ腰痛が出てもおかしくなかったのに不思議と痛くならずその理由が
    知りたいくらいでした。

    洗面所の天井には丸い天窓が☆
    初めはこんなとこに窓があるー!って程度でしたが、過ごすうちに朝は明るい日
    差しが、夜は月明かりがさしてなんとも贅沢な空間を実感してここへ来る度に
    何度も見上げていました。



    f0327416_9402223.jpg


    f0327416_9475729.jpg

    f0327416_9401168.jpg

    朝食はビュッフェですが、予想していた通りの美味しい朝食でした。




    f0327416_9403267.jpg




    f0327416_9405345.jpg

    これまた窓から眺められる景色はお城があって運河があって、カヌーをする人、
    ランニングをする人、犬と散歩する人、楽しそうに遊ぶ鳥たちまでもマッチし
    ています。

    オットとはここに決めてよかったね~と毎朝会話しました。
    そして日本人と北欧の人たちの違いとか、仕事や遊びの考え方とか、暮らしぶ
    りとか、、、色んな話に発展して…。
    やんなっちゃうねー帰るのって(笑)


    f0327416_9413224.jpg



    f0327416_10143722.jpg

    ホテルのロビーに大きなわんちゃん2匹発見!
    頭が真っ黒なわんちゃんが私をじーっと目で追ってくれました。

    ホテルを探していた時、わんちゃんと泊まれるところが多くて驚きました
    が、実際トラムやバスや電車の中も犬と移動している方の多さに驚きます。
    そしてこの方たちのようにホテルに一緒に泊まれるなんて♪
    ロビーでレストランから朝食を持ってきて食べることができるようです。
    お皿をとりに行った旦那様待ちのようでした。
    こうしてい一緒に旅行ができるなんていいですね~。


    ストックホルムで滞在したホテルのお話でした。
    お付き合いいただきありがとうございます。










    [PR]
    by Sablier365 | 2015-07-13 10:27 | 北欧の旅2015

    あんず、煮ました




    f0327416_9424297.jpg

    やってきましたあんずの季節!!!
    一年に一度この時を待っていた~。

    売り場で見つけた途端、ウキウキが止まりません。



    f0327416_9425327.jpg

    アボカドのように半分に包丁を入れてクリっと回せば半分に簡単に割れます。
    重量の20%のきび砂糖をかけ少し置いてから鍋に火を入れます。



    f0327416_943434.jpg




    f0327416_9432947.jpg

    いつもピクルスやジャムやコンフィチュールにはWECKの瓶が煮沸もでき、冷蔵
    庫の保存にも便利で、蓋もガラスやシールや木など色々種類があって使い易い
    です。



    f0327416_9434147.jpg

    きび砂糖なので少し色がよくありませんが家で食べる分にはこれで十分。
    あんずの形を少し残すように早めに火を止めたら出来上がり。


    f0327416_9435455.jpg

    翌朝、ヨーグルトに乗せて頂きました。
    私にとっての御馳走です。

    あ~あんずの出回る時期がもっと長かったらいいのにな~♪


    あらあら昨日に続いてまたまた欲が出ちゃいました(uu*)





    f0327416_10195369.jpg

    お久しぶりの ‘しい' です。
    旅行から帰った日に、お迎えに行ったら尻尾が千切れんばかりに振って振って大歓
    迎してくれました。
    怒っているんじゃないかと思ったので、有難かった~♪

    それからというもの、家に居ても常にぴったりな関係が続きました(笑)


    先日、私のメガネをかけられたしいちゃん。

    私もついつい撫でたり、話しかけたり。
    「やたらちょっかいを出してくるー」ってしいが思っていることでしょうね(^^;)
    [PR]
    by Sablier365 | 2015-07-10 10:25 | いえごはん