sablier+Bleu

sablier365.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゆずコンフィチュール



月曜日です。
気合をいれないと、寒さと週の初めに押しつぶされそうです(笑)

ヨッシャー!コンシュウモガンバルゾウ!
ってな具合に(^^;)


ゆず茶でほっこりスタート。




f0327416_10094839.jpg


ゆずを頂いたので、週末にゆずのコンフィチュールを作りました。
出来上がったコンフィチュールをお湯でわってゆず茶です♪

ふくちゃんお供して。


f0327416_09441162.jpg

ゆずがいっぱい~。
先週からキッチンはゆずのいい香りでした。



f0327416_09443975.jpg
洗って、ゆずを横半分に切り、
中の果汁を絞ったら、中の薄皮や綿をとる。
今回は綿が少なく果汁が沢山!
果汁が多すぎて別にとるほど。。。

綿が多くて皮がしっかりしていたら
1.2回煮こぼしていますが今回はなしで。

皮とほどほどの果汁の合計の重さの70%位の
キビ砂糖で8分煮ほど煮ました。
ふつうは70%は同量の糖分が基本なので
かなりの甘さ控えめに出来上がり。
悪くならないうちにさっさと食べきらないと!



f0327416_09202672.jpg


出来立ては朝食のヨーグルトに乗せて♪

甘い中にほんのり苦みが大人のゆずコフィチュール。



f0327416_09200974.jpg
f0327416_09195981.jpg

インフルエンザをもらわないように
『うがい、手洗いしましょうね。』

あ、先週のニュースで。
うがいはウィルス菌の予防に科学的根拠がない!?とかで
こういう表現から外されるそうです。

研究者の見解は、
インフルエンザなどの原因になるウィルスは短時間で
細胞の中に取り込まれて水では洗い流せないと。


今まで何十年は何だったんだー!!!


でも風邪にはうがいはしないよりしたほうが有効とか。
調べたのですが医者の中でも
まだ色々な見解があるようで紛らわしいです。



手洗いして気を付けましょう(uu*)

ではまた☆









[PR]
by Sablier365 | 2016-11-28 10:39 | いえごはん | Comments(2)

リビングにホットカーペット




我が家もちょっとだけ冬仕様になりました。
ふくちゃん(猫)が来てからまもなく1年になりますが
寒いのがイヤなのが猫ちゃんでしたよね。


エアコンで温度調節もしますが、
もっと足元でごろゴろしてもらおうとホットカーペットを敷きました。
カバーは無印良品のもの。

ちょうどこの場に床暖房はあるのですが、
長時間つけるとなかなかお高いのでね(^^;)


f0327416_09460574.jpg


こんな感じです♪
3畳用で、カーペットの半分で切り替えがついていて
ダイニング側と手前のTVと全面との3パターン温め方が選べます。

電気代は最強にして14円/hなので半分の場合は7円。

お安くて助かります。



f0327416_09465352.jpg


ダイニングは半分に折り畳み。


f0327416_09511504.jpg
このカーペットに集合~!と
声をかけたかのように集まっています(笑)


f0327416_09480289.jpg


床が暖かいって嬉しいです。





f0327416_09483144.jpg
ふくちゃんまで寒がりじゃないけれど
もちろんしいちゃんも♪


私も♪

ホワーっとしています。

今更だけど買ってよかったホットカーペットでした。




+++



昨日は11月にして雪が降りましたね。
もうびっくりです。
朝から15時台くらいまでしっかり降りとっても寒かったです。


f0327416_09485017.jpg


f0327416_09491727.jpg

薔薇のシーズンがまもなく終わります。
南関東では雪はその後なので、雪が積もっているのは不思議な光景。


今日も気温はさほど上がらないようなので
暖かく出かけようと思います。



ではまた~☆




[PR]
by Sablier365 | 2016-11-25 10:33 | インテリア | Comments(4)

2016 ボジョレーと我が家の食卓



先週はボジョレーの解禁日でしたね。

若かりし頃は解禁日を手帳に記し、必ず!と
外食、家飲みでと飲んでいましたが、
近年は平日だったりすると買っとかなくちゃねー
と後日飲む程度に落ち着きました。

しかまワインはネット注文。
長年購入しているタカムラワインハウスで(^^*)
重いものを玄関迄届けて頂けるなんて本当に有難いです。





こちら、お安いし、お値段相当で大失敗はないし、
赤や白や泡(シャンパンやスパークリング)が様々な配分のセットになっていて、
かなりの数のコメントがとっても参考になるので買いやすい♪
月1ほどで注文しています。



f0327416_08525294.jpg


届いてすぐふくちゃんがダンボールの居心地を確かめています。
GOOD ふく! GOOD LIFE! (^^*)

ふくちゃんにはちょっと広いし、ちょっと高さが高いね。


f0327416_08530958.jpg

今年選んだボジョレーはこの3本。
真ん中の醸造長フィリップ・パカレ氏のワインは
タカムラの13年連続ナンバー1人気♪

右はボジョレーなのに泡!
のテンション上がるお楽しみです。


f0327416_08534994.jpg
週末に早速こちらのボージョレー・ヴィラージュ頂きました。
しいちゃんは飲めなくてごめんねー。

f0327416_08543583.jpg
牛肉の塊と野菜とエリンギ一緒にグリル、デミグラソース風

f0327416_08544690.jpg

本当は少しづつ切ってはお皿に乗せるはずだったのですが…
牛肉の匂いに!?しいもふくも異常に興奮していて
しいに於いてはお皿の上の肉を見て目つきが変わり
数か月に1度の悪い子になりかけていたんです。

そんなで、一気によそってしまいました。
お皿も小さいし浅くて(><)
ちょいとお見苦しくてすみません。



f0327416_08545698.jpg
ボジョレー♪
フルーティだけどシッカリしていて
ヌーヴォーなのにヌーヴォーぽくない。

気軽な家飲みにありがたいワインでした。




街中はちらほらクリスマスの装いになってきましたね。
やんちゃふくちゃんがツリーに登ってそして倒れる…
なんて想像しちゃうんですけどどうかな。。。
今週は水曜日が勤労感謝の日にお休みなので
冬のインテリアに目を向けようかと思っています。






[PR]
by Sablier365 | 2016-11-21 10:24 | いえごはん | Comments(2)

台湾の旅 7. 阜杭豆漿(フーハンドウジャン)





気温が暖かいと寒いが繰り返されているせいか
風邪ひいている人多いらしいですね。
電車でも咳している人結構います。
インフルエンザも例年より1ヶ月ほど早くはやり始めているんですって!
潤いに気を付けて菌を遠ざけましょう。


今年は厳冬でしたよね。
コートやストールで真冬のシュミレーションしてみようと思います。




台湾旅行記 ↓ の続きです。



2日目のランチに向かったのは
友人に絶対行ってね!と朝食におすすめしてもらった
「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」


朝食には行けなかったけどきました!
MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ。
1階は華山市場の2階。

時は11時位。ビルに入って2階に行かず、
脇の階段から行列に並んで上がって~
との案内通り、、、
階段ずーっとずーっと手前から並んでるー(^_^;)

オットは極端に並ぶのが嫌いで不服顔。
「列がどれだけ長いか売り場まで行ってみよう」と言われて、
列の横を辿って非常階段を上がってみるとまぁまぁの長い距離(><;)

でも折角来たんだからと心をなんとか納めて並びました。
12時半にはお店閉まっちゃうけど、
「ハイ、ここまで!」って目前で締切られたら
悲しいなんてもんじゃないねー(笑)

あれやこれや話をするも
これが何って…少ーしづつしか進まないのよ。

並んで待つこと1時間。
やっと2階の売り場に来ました。

f0327416_08241801.jpg

左側が売場、右側は広いフードコート。
周囲にいくつかお店はあるものの、
テーブルにかなりココの食べ物乗ってます。


活気あふれるこの売り場。

「鹹豆漿(シェンドウジャン)」✖2つ!



f0327416_08251089.jpg



鹹豆漿(シェンドウジャン)は、干しエビやザーサイ、
ネギに黒酢が入った器に熱々の豆乳を注いで、

お酢の酸で凝固してふわふわのおぼろ豆腐がベース。

その上に油條(ヨウティアオ/揚げパン)を乗せた
優しいスープのようなもの。


これが食べたかったの~☆

そしておにぎり!(飯糰(ファントン))35元は売り切れ。
(友人が美味しいから食べてって言ってたのに(>_<))


f0327416_08252717.jpg


えーっと、急に困った~。
じゃぁ後、パン一つと豆乳ドリンク二つ!
慌てて注文しました。
お会計(186元=およそ2604円)している間に
すぐにトレーに並べられて
満席に見えるようなフードコートでなんとか相席で座れました。

↑写真
右は「鹹豆漿(シェンドウジャン)」30元×2
左手前がパンで「厚餅夾蛋(ホウピンジャータン)」38元×1
奥が豆乳ドリンク「甜豆漿(ティエンドウジャン)」25元×2



f0327416_08244346.jpg

「厚餅夾蛋」は列に並んでいた時の横の部屋で
ガラス窓から作る様子が見れました。
左手前のカレーのナンのように窯の内側に
生地を貼りつけて炭火で焼くパンに、
ネギ入りの卵焼きを挟んだものです。

サクサクもっちり+いい香りのさっぱり卵焼きが合います。
私は朝食を食べ過ぎてもやもやと胃にあったので
オットのを一口貰いましたが、
素朴でとっても美味でした!


f0327416_08255073.jpg



肝心の鹹豆漿(シェンドウジャン)は、
絶品~☆
これ私、毎日食べられる!って位に
好きなお味でした。

温かい濃い豆乳に深い調味料達がポイントになって、
小さな揚げパンが絶妙でした。
ちょっと冷えた体が温まる~☆
あーこうして思い出すだけで食べたくなります。
日本にお店ができても繁盛すると思うなぁ~♪

飲む豆乳(甜豆漿(ティエンドウジャン))は
意外や意外豆臭さがなく、変な話豆乳がダメな人も飲めるイメージ。
豆の香りとほんのり甘みがついています。
私はこの甘さが要らないなーなんて思っていたけれど
慣れて結構飲んじゃった(笑)
1本を二人でシェアして、もう一本はお持ち帰り。
(水分頼みすぎは)完全なる注文ミスでした。



並んだ価値あり☆
友人のお蔭で素朴で美味しいランチになりました。



■阜杭豆漿(フーハンドウジャン)
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
TEL:02-2392-2175
営業時間:5:30~12:30位(なくなり次第終了)
休業日:月曜日





[PR]
by Sablier365 | 2016-11-16 13:05 | 台湾の旅2016 | Comments(2)

台湾の旅 6. 剥皮寮歴史街区と市場



今日はスーパームーンで(特別大きいこのサイズは)68年ぶりで
大きな大きな月が見える日ですが、
どうやら雲行きが怪しく曇って見えないんじゃないかって予報です。

残~念~!

でも帰りに空を見上げてみようと思います。


さてさて、やっとPCが新しくなって電源を入れれば
スッと立ち上がるし(当たり前(^^;))サクサク気持ちいいです。
撮り溜まった写真も少しは載せたいなと思っています。


まずは…台湾旅行記の続きを。







f0327416_10210487.jpg
龍山寺を参った後の傍にある「剥皮寮歴史街区」から。

古いものはこの清朝時代に建てられたもので、
歴史的には200年以上も昔のもの。
剝皮寮という不思議な名前は当時この地域で輸入した
木材を切削して加工し販売する様子が見られたことからだそう。
その後1895年に日清戦争が終結し、日本の統治下に。
この周辺は日本人によって区画整備されたようです。

現在は映画の撮影場所となったり、スチール写真を撮っていたり、
また建物内は空間デザイナーの卵の展示がありました。

f0327416_10274234.jpg

新進気鋭の若者たちの新しい発信場所でしょうか。
赤いレンガで素敵レトロな雰囲気が
周囲とは画した特別な場所のようです。


f0327416_10223149.jpg


建物には縁起のいいお札がつけられています。

そして


そのまたすぐそばの西三水市場。
お年寄りの人たちの憩いの場となっている公園が近く
お食事をして帰るのでしょうか。
f0327416_10230985.jpg
アジア独特の雰囲気を醸し出しています。。。


f0327416_10240268.jpg

市場は野菜に肉に衣類に雑貨といろいろでした。
が、観光客には生ものはちょっとさばけないので見て歩く
のに徹していました♪

f0327416_10243928.jpg
練り物のお店は圧巻!
種類も沢山でざるに好きなものを乗せて、
おばさんに渡して会計するシステム。
お鍋やスープになるようです。

どこへ旅行しても食文化を見るのは楽しいです。
ワクワクします。




なんだかあっという間に長くなってしまったのでこの辺で。

またお付き合いいただけたら嬉しいです。












[PR]
by Sablier365 | 2016-11-14 10:44 | 台湾の旅2016 | Comments(6)

台湾の旅 5. 龍山寺




昨日は立冬でした。
暦の上では冬を迎えました。
例年より早く寒い冬になると天気予報で聞いていた通り
関東も暦上と一致する最低気温の寒さです。
明日、明後日もっと冷え込んで最低気温が半分になるとか!

まだ部屋もクションカバーを変えて加湿器を稼動させたくらいで
湯たんぽを出したり、ふくちゃん仕様に何が必要か
考えてみないと!



久々に…先週のしいとふくです。
f0327416_09171342.jpg
f0327416_09172823.jpg



外出の服装も薄いwoolしか出していなくて
完全に冬支度が終わっていないので
待って待ってぇ~と気持ちだけ焦ってます。





+++




台湾旅行記の続きです。





2日目朝から出かけたのは「龍山寺」
台湾の地下鉄MRT龍山寺駅出口1からすぐ。
1737年に建立された台湾で最も古いお寺だそうです。
台北最強のご利益パワーがあるとか!



f0327416_07473290.jpg
↑通りに面した門。

その中に入ると…



f0327416_07474446.jpg

↑更に門。


f0327416_07475637.jpg

左上:お供えの花にはいい香りのチューベローズ。
お供えは願い事によっても違うとかで受験合格には長ネギ+大根+包子。
中国語の発音が「賢い」と「(合格)保証する」の発音が似ていることから。
日本の勝つ=(豚)カツみたいな縁起担ぎは共通ですね。
これらを売っている女性たちがお寺の周囲にいます。

右上:さっきの門をくぐった先。

左下:拝拝(バイバイ)の仕方。
願い事をお祈りするお線香を頂く
(有料と聞いていたけれどこの日は無料配布でした)

真ん中下:学校の流し台のようなステンレスででき一列に配された火の素で
線香に火をつけたら…本殿の中心に向かって参拝。

線香を頭の上に掲げて三度礼をします。
そして心の中で住所・生年月日・名前を告げた後に願い事を唱えるのだそう。
どこの誰だか解らないと願いも叶わないからですって。
そう聞いて「私は日本からきました」って付け加えました。
だってせっかくのお願いがそんな住所知らないなーって
神様に思われたら困るものー(笑)

右下:参拝が終わってからのおみくじの様子。
長椅子に座って、手をたたき
おみくじを引いていいかの神様へのお伺い参拝をした後、
赤い三日月型の表裏が決まった木片を目の前にふたつ投げ
表表ならやりなおし、裏裏もやり直し、
表裏が出たらようやくおみくじを引いてもOKになります。

今度は缶に入った沢山の長い竹の棒の束を持ち上げて
ストンと落として一番高い場所にある棒の番号がおみくじの番号。
でもここからまた長椅子に座りまた三日月を投げ、
このおみくじでいいですか?と木片を投げて
いいよの合図の表裏の組み合わせが出ないと
番号のおみくじを引き換えに行けません。。。

どおりで…ごった返しています(笑)




f0327416_07480682.jpg



f0327416_07481559.jpg

願い事が終わったら前殿と本殿の間にある金色の香炉に
一本づつ線香を投げ入れるそう。
でも実際は投げ入れている人はいなくて
立てていたのでそうしました♪


f0327416_07482331.jpg

本殿のご本尊・聖観世音菩薩に向かって参拝しました。

境内は観光客というよりも地元の方たちでいっぱいです。
熱心に何時間もお経を唱えていたり、
お線香や床に頭をつけて何度もお辞儀をする様を見て
厚い信仰心に日本との違いみたいなものを感じました。


f0327416_07483128.jpg
 

何度も改修工事が行われ、1919年の大改修工事の際に
中国宮殿式廟宇建築を取り入たそうです。


見れば見るほどに細工が素晴らしかったです。


龍山時にお付き合いありがとうごました。




[PR]
by Sablier365 | 2016-11-08 10:23 | 台湾の旅2016 | Comments(6)